【卓球部】男子悔しい初黒星、女子は連勝/卓球部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

 

◆平成28年度関西学生卓球春季リーグ第4日
(5月3日(火祝)、@横大路体育館)

関西学院大戦の緊迫した場面を任され、健闘した広沢
関西学院大戦の緊迫した場面を任され、健闘した広沢

 

男子
vs龍谷大 ◯6-1
S1 上條晃希(産1) ◯ 3-1 岡本
S2 中村圭介(法4)◯ 3-0 辻本
S3 広沢優(法3) ⚫️2-3 張
W 皆川朝(文2)・上條晃希
◯ 3-0 田中仁・大本
S5 桐村陸人(産2) ◯3-0 田中元
S6 皆川朝 ◯3-0 馬場
S7 岡村勇希(産4)◯3-0 山本

vs関西学院大 ⚫️3-4
S1 皆川朝 ◯3-1 岩本
S2 桐村陸人 ⚫️0-3 備本
S3 岡村勇希 ⚫️1-3 田中
W 皆川朝・上條晃希 ◯3-0 岩本・高橋
S5 中村圭介 ⚫️2-3 小坂
S6 上條晃希 ◯3-2 高橋
S7 広沢優 ⚫️1-3

女子
vs関西学院大 ◯4-3
S1 徳住風花(文1) ◯3-1 池上
S2 笹岡柾美(産3)◯3-1 向山
S3 佐藤遥香(政3) ⚫️1-3 青木
W 笹岡柾美・山地理穂(文4)
◯3-2 向山
S5 横山有沙(文2) ◯3-1 桑名
S6 内山美紅(法2) ⚫️0-3 宮脇
S7 山地理穂 ⚫️0-3 新谷

vs芦屋大 ◯5-2
S1 徳住風花 ⚫️1-3 奥山
S2 笹岡柾美 ◯3-0 上月
S3 内山美紅 ◯3-1 田澤
W 笹岡柾美・山地理穂
◯3-0 多田・田澤
S5 横山有沙 ◯3-0 多田
S6 山地理穂 ⚫️2-3 張
S7 佐藤遥香 ◯3-0 明石

関西学生卓球春季リーグ戦は4日目を迎え、この日は男女ともにリーグ戦5、6試合目となる2試合を戦った。男子は龍谷大に6-1で勝ちリーグ戦4連勝としたが、関西学院大に3-4で惜しくも敗れ、初黒星を喫した。女子は関西学院大、芦屋大に連勝し、リーグ戦の成績を3勝2敗とした。

【男子】
龍谷大戦では各選手が、のびのびと長所を生かしたプレーを見せ余裕を持って勝利を収めた。4回生の中村、岡村は相手を翻弄するようなラリーを繰り広げ、終始ペースを握ってストレート勝ちした。ダブルスでは、公式戦でペアを組んだのは2回目という上條・皆川の若いコンビが安定したペアワークを見せ、相手を圧倒した。

リーグ戦全勝同士の関西学院大戦は、互いの負けられないという意地がぶつかった熱戦となった。立命館は1-1から岡村が敗れたが、ダブルスでは上條・皆川組が圧巻のストレート勝ちで2-2の同点に。その後、上條がフルセットの末に競り勝ち、3-3で勝負の行方はラストの広沢の腕に託された。広沢は「緊張せず、調子は良かった」ものの、第3セットをデュースの末に落とすと、勢いを増した相手の攻撃に耐えられず次のセットも落とし、悔しい敗北。3-4で敗れ、2年前のリーグ王者にリベンジを喰らった。「安定感が相手の方が上だった」と広沢は唇を噛んだ。

【女子】
昨秋の王者である関西学院大戦では、2-1で迎えたダブルスで笹岡・山地組が粘り勝ち、リードを守りきり大金星を挙げた。シングルス1人目の1回生徳住が、相手に先制を許すもその後は確実なプレーで流れを呼び込み、相手のミスを誘って先勝した。ダブルスでは1-1の第3セットが接戦となり、互いにリードを奪い合うも18-20で敗れたが、直後から笹岡・山地の積極的な攻めが冴え、逆転勝利を収めた。そして3-1で5人目の横山有が勝って試合を決め、リーグ戦では2014年秋ぶりに関西学院大から白星を掴んだ。

芦屋大戦では、前の試合で掴んだ良い流れを離さず、シングルス2人目の笹岡から4連勝で一気に勝ちを得た。関西学院大戦ではストレート負けを喫した内山もこの試合では2セット目からの3連取でものにし、ダブルスでは終始ペースを握りストレート勝ちした。結果、5-2で快勝し、リーグ成績を3勝2敗とした。

■インタビュー
岡村主将
「(関西学院大戦について)1〜3回生で3点取ったのに、4回生が落としてしまった。広沢選手はアグレッシブで、緊張する場面でも楽にプレーできるメンタルがあるので、最後で起用した。残り試合7-0で勝てば優勝の可能性が残るので、落とさないようにしたい」

【記事、写真=仙田幸久】