【準硬式野球部】効果的に得点重ね、開幕3連勝/準硬式野球部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館 6-0 神戸大

(9月25日(金) 関西六大学準硬式野球リーグ第2節1回戦@南港中央野球場)

 

関西六大学準硬式野球リーグは25日、大阪市の南港中央野球場で2試合が行われた。立命館は第1試合で神戸大と対戦し、6-0で勝利した。

 

前の日に行われる予定であった1回戦が雨のため中止となり、この日が神戸大1回戦となった。国立大学ではあるが、前の節で、清瀬杯を制した関西学院大に2勝を挙げており、決して侮れない相手である。

 

オーダー
9 竹村匡
6 山本
3 港
2 中小路
5 藤原
7 橋本
8 松原
4 山岡
1 酒井
☆4番にチームの柱である中小路、5番には愛媛・済美高校野球部出身で全国高等学校野球選手権大会に出場したことのある藤原と中軸に強打者を並べた。

 

1回表、立命館が欲しかった先制点をもぎ取る。神戸大の好投手・山本から得点圏に走者を進め、4番の中小路が左翼手の頭を越える先制の適時二塁打。「真っ直ぐが良い投手だと分かっていたので、狙っていった」と直球を見事に弾き返し、1点のリードに成功した。

先発の酒井を援護するためには1点では足りない、と打線は3回にも奮起した。一死二塁から2番の山本が適時打を放ち2点目を奪うと、続く港の打席で神戸大・山本が牽制球を悪送球し一塁走者の山本は一気に三塁へ。そしてその2球後、今度は暴投で山本が生還し、3-0とリードを拡げた。

 

立命館の先発は酒井。2回生ではあるが、8月に行われた全日本選手権大会でも登板しており、長身から繰り出す制球の良い変化球が持ち味だ。この日も初回から自慢の制球力が冴え渡った。変化球でカウントを稼いで直球で三振を取ったり、早いカウントから変化球を打たせてゴロの山を築いたりとまさに相手打線を翻弄、落ち着いたマウンドさばきで神戸大打線を無失点に抑えた。

5回表、立命館の攻撃。この回先頭の竹村匡が安打で出塁し、すかさず盗塁を決めて一死二塁とすると、3番港が広く空いた一二塁間に打球を転がし、右前適時打で4点目。着実に加点し、神戸大と徐々に点差を広げていった。

 

酒井はテンポの良い投球を続け、神戸大からひとつひとつ確実にアウトを奪った。5回裏には失策などで初めて走者を三塁にまで進めたが、後続を打ち取って5回まで得点を与えない投球を見せた。

 

神戸大の山本をノックアウトしたあと、2番手の伊藤から追加点の奪えなかった立命館だが、終盤に貴重なダメ押しの得点を挙げる。8回表、先頭の藤原が左中間に安打を飛ばし、相手失策と松原の犠打で一死二、三塁の好機を掴むと、8番山岡の打席で相手バッテリーが暴投して藤原が生還。5-0とすると、さらに9回にも藤原の適時打で6点目を取った。

 

初回から9回まで、酒井は自らのペースを崩すことなく、安定した投球を見せた。試合後に「公式戦で最後まで投げたのは初めて」と明かしたが、それをまるで感じさせないかのようなひょうひょうとした投球を繰り広げた。9回も相手打線を無得点に抑え、試合終了。6-0で神戸大を下し、開幕3連勝を飾った。

 

インタビュー

芝田監督

「久々にゆっくりベンチから試合を観ることができた。先制、中押し、ダメ押し、と効果的に得点することができた」

松原主将

「ナイスゲームだった。毎回チャンスを作ることができ、酒井も良いピッチングをしてくれた」

 

【記事:仙田幸久】