【軟式野球部】サヨナラ負けで秋季リーグ初勝利ならず/軟式野球部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館2ー3関学 〈9月10日(木) 関西六大学学生軟式野球秋季リーグ @伊丹スポーツセンター野球場〉
立命 100 000 000 1 =2
関学 000 000 100 2×=3

立命)青島、和田ー今井

スタメン
7三上
4井口
8一本松
3南
2今井
9兼松
6今村
1青島
5斎藤

リーグ開幕から2連敗の立命館。西日本選手権出場のためにも負けられない3戦目に挑んだが、延長10回に後アウト一つところでサヨナラ打を許し、悔しい敗戦となった。
初回、立命館は1番三上のセンター前ヒット、2番井口のバントで一死二塁とすると、3番一本松が「采配のおかげ」と話すように、エンドランを成功させ、三上が生還し、1点を先制した。image幸先よく先制した立命館は、先発の青島が6回まで6奪三振と失点を許さない投球を見せた。image追加点を狙いたい打撃陣だが、なかなかチャンスを作ることができずに試合が進んだ。すると、雨脚が強くなった7回裏、相手の8番、9番代打に連続ヒットを許し、同点とされた。8回9回は互いにランナーが出るも得点できず、一死満塁から始められる延長へと突入した。10回表の立命館の攻撃、先頭バッターに代打の境が入ると四球となり、押し出しで1点を挙げた。その後2人のバッターはフライに倒れ追加点ならず攻守交代。そして、その裏、1人目のバッターをキャッチャーフライで二死とし、次のバッターの5球目もキャッチャーフライで捕球したかと思われたが、ボールは今井のグラブからこぼれてしまった。すると、8球目をセンター前に放たれ、2人が生還して、サヨナラ負けとなった。今シーズン初勝利目前に、悔しい敗戦となってしまった。

<試合後インタビュー>
南主将
「リーグ3戦目で、もう2戦落としているので、西日本に向けても勝たないといけない試合だった。最初は良かったが、相手の勢いに押されたところがあった。勝負所で向こうが決めて、こっちが決められなかったという点で、向こうの方が一個上だった。西日本の可能性がなくなったわけじゃないので、一戦一戦勝っていくだけ」

[記事、写真:多満城沙耶]