【卓球部】同志社を倒しリーグ戦初勝利/卓球部女子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館4-3同志社<8月27日(木)関西学生卓球秋季リーグ戦3日目@島津アリーナ京都>

オーダー
シングルス①佐藤●1-3
シングルス②横山●0-3
シングルス③山内○3-0
ダブルス④山内・笹岡○3-2
シングルス⑤笹岡○3-1
シングルス⑥原山●1-3
シングルス⑦山地○3-2

ここ3戦は勝ちがなく苦しい戦いが続く卓球部女子。この日の相手は春季リーグ戦で優勝している同志社。出場選手全員が粘り強い卓球で接戦に持ち込み僅差で勝利をもぎ取った。

先勝してリードしたい立命館だったがシングルス①②佐藤・横山が相次いで敗戦し、逆に同志社にリードを奪われる展開となった。流れを変えたい立命館はシングルス③で山内が貫録の卓球を披露する。
第1ゲーム、一進一退の攻防を繰り広げ、デュースにもつれるも山内の意地が勝り14-12でものにした。続く第2ゲームでは6-9とリードを奪われるも、着実に1点ずつ返していき2ゲーム連続でデュースになるも13-11でこのゲームもものにした。ゲームを優位に進めた山内は第3ゲームでも11-6で制し、ストレートで勝利を収めた。この勝利で流れは立命館にくるとダブルス④でも接戦を制し、2-2でシングルス⑤⑥⑦へとバトンを渡した。
シングルス⑤⑥では笹岡が快勝を収めるも主将原山が惜しくも敗戦を喫し3-3でシングルス⑦山地へ勝利を託された。勝敗が懸かった試合は意地と意地がぶつかった激闘となった。第4ゲームを終え2-2と互いに一歩も引かないまま迎えた最終ゲーム。「1本目でミスをしてしまい弱気になった」という山地は5連続ポイントを許した。しかし「緊張していたが自分の前で格上の相手にも勝ってくれてなんとか3点を繋いでくれたから自分があると思ったので悔いのない試合をすることだけを考えていた」と言う山地は1ポイント奪うと差をじわりじわりと詰めていき11-9で勝利しチームにリーグ戦初勝利をもたらした。

<試合後のコメント>
川面コーチ
 大変な試合だった。同志社さんはインカレ2位のチームなのでうちは思い切ってやるしかないと思っていてそれができたし、その中でもダブルスも全日本2位の相手に良い試合をしてくれた。チーム力はあると思っていてて去年から3-4で負けることが多かったが4-3で勝てるようになってこれからの試合では雰囲気が変わるかなと思う。3‐4で負けていたところを4-3で勝てるようになったのは勝たなければならない選手が勝ち切れていなかった。今回は勝つことが出来た。勝つなら4‐3しかないと思っていたので山地を迎えた時も理想の展開で「ここまできたらやるしかないよ」と伝えて送り出した。最終ゲームで0-5とリードはされたが山地はやってくれると思っていたしチームの雰囲気が負ける雰囲気でなかった。

原山千沙登主将
ほんとにみんなで取った4点でみんなで助け合って勝つことが出来た。4年間で同志社に初めて勝ったのでほんとに嬉しい。山地には「楽に楽しく卓球しよう」と声を掛けた。0-5で負けているところをなんとか挽回してよく勝ってくれた。

山地理穂選手
ほんとにすごい怖かった。相手は地元の後輩で春も対戦していて勝っていたので変なプレッシャーがあって、危ない試合だったが勝てて素直に嬉しい。緊張していたが自分の前で格上の相手にも勝ってくれてなんとか3点を繋いでくれたから自分があると思ったので悔いのない試合をすることだけを考えていた。0-5の時は1本目でミスをしてしまい弱気になってしまい相手に勢いづかせてしまった。そこでは何も考えられなかったので逆に良かったと思う。

[記事・武田健吾]