【卓球部】優勝に向かって突き進め!!/卓球部男子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

♢立命館7-0京産
8月27日(木)〈秋季関西学生リーグ戦3日目 対京産@島津アリーナ京都〉

-オーダー及び結果-
シングルス① 中村 ○3-1
シングルス② 皆川 ○3-0
シングルス➂ 桐村 ○3-1
ダブルス④  矢城・皆川 ○3-1
シングルス⑤ 矢城 ○3-2
シングルス⑥ 広沢 ○3-2
シングルス⑦ 岡村 ○3-0

まさに圧巻と言える戦いぶりで京産に7-0で快勝した。

京産戦はいつもとオーダーを変えて挑んだ。
シングルス第1試合は、中村。「中村はこの大会調子が上がっていなかったが、思いきって1番で使った」と武田監督。監督の期待に応えるように3-1で勝利した。

シングルス第2試合は、皆川。「皆川は、将来のために2番で使ってみた」と武田監督。「小池(京産)も1年生で強い選手なので、勝負させたかった」と監督の起用に皆川も応え3-0で1年生対決を制す。

シングルス第3試合は、桐村。桐村はこの大会初登場で緊張していたせいか、第1セットを落とす。しかし、2セット目以降、スマッシュが決まり波に乗り3セット連取し、3-1で勝利した。

ミドルダブルスはこの大会苦戦している。第1セットは一時6点差まで広げられ、最後まで小泉・福井ペア(京産)のペースを崩すことができず、このセットを落とす。第2セットも序盤は京産ペースだったが、その流れを断ち切るように、連続ポイントを取り第2セットを立命館が取り、第3・4セットも同点に追いつかれる場面もあったが、終わってみれば3-1で矢城・皆川ペアが勝利した。

シングルス第5試合は、矢城。山本(京産)は京産のエースでキャプテンであり、この試合はキャプテン対決になる。矢城はミドルダブルスの直後ということもあり、疲労もあっただろう。この試合はお互い譲らず、フルセットまでもつれこむ。第5セットは序盤から矢城が得点を決め大きく山本(京産)をリードするが、山本(京産)も黙ってはいない。終盤にいくにつれ点数差が縮まり、たちまち同点に追いつかれるが、最後まで矢城は落ち着いていてプレーしていた。矢城の粘り勝ちで、キャプテン対決を制し、大きな1勝を取る。

シングルス第6試合は、広沢。ここまで3戦3勝と絶好調な広沢。第1セットは青木(京産)に先手をとられるが、第2セットは終わってみれば11-1で青木(京産)を圧倒する。第3セットを京産、第4セットを立命館が取り、勝負は第5セットまで分からない戦いになる。第5セットは接戦になるが、広沢に軍配が上がり、まだまだ広沢の快進撃は止まらない。

シングルス第7試合は岡村。3-0で快勝し、その結果7-0で立命館が勝利を収めた。
後半戦には春季リーグ優勝の関学戦が最終日に控えている。「ここまで来たら、後半戦も3連勝して、全勝優勝を目指す」と矢城キャプテン。チーム一丸となって、立命館の力を存分に発揮して優勝してほしい。

【試合後インタビュー】

●武田監督

・(京産戦振り返って)矢城をずっと1番で使っていたが、今回は気分転換に中村を思いきって使った。中村は、あんまり調子が上がっていなかったが、勝ってくれて良かった。皆川は、将来のために2番で使った。相手は京産の1年生でエースの子と戦ったが、勝ってくれて良かった。今シーズンから出している広沢は、ここまで4戦4勝と調子がいい。桐村は、最初は緊張していたが勝ってくれて良かった。矢城は、京産のキャプテンと当たり厳しい戦いにはなったが、キャプテン対決を制し、頑張ってくれた。ダブルスは、まだ乗り切れていない。

・(後半戦までに、何を中心に練習するか)今から新しく練習することはない。体調管理、ダブルスの調子を上げていくこと。

・(秋季リーグの目標)全勝で優勝する!!

●矢城選手(キャプテン)

・(京産戦振り返って)前半戦最終日ということで、もう1回気を引き締めていった。応援の雰囲気づくりも良くなり、今日の試合も勝てたので後半戦いい形で臨める。

・(4戦4勝とチーム好調の要因)前期はダブルスが安定していたが、秋季リーグはここまで2勝2敗。その分広沢たちでカバーできているのが好調の要因。

・(後半戦までに立て直すこと)ダブルスをもう1回立て直す。

・(後半戦の意気込み)後半戦も3連勝して全勝優勝を目指す!!

【記事、インタビュー:松下由佳】