【男子ラクロス部】リーグ戦初勝利ならず/男子ラクロス部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館4‐8阪大<8月16日(日)関西学生ラクロス秋季リーグ@立命館大学びわこ・くさつキャンパス第3グラウンド>

得点者
#98小松
#8浮穴
#13古田
#37東野

先週の開幕戦が雷雨中止となった為この日が初戦の立命館。初戦ということで緊張があったのか思い通りのラクロスが出来ず、今年のリーグ戦は黒星発進となった。

 前半、阪大の素早いパス回しに翻弄される立命館。試合開始早々に失点してしまい、出鼻を挫かれる形となった。流れを取り戻したい立命館だったが相次いで失点していまい0-3とリードを広げられる展開となった。しかし、前半終了間際にこれまで阪大DFを攻めあぐねていたが#98小松が反撃の狼煙を上げるショットを決め1-3で前半を終える。

 逆転勝利を目指した後半だったが、開始直後にカウンターに遭い失点を喫した。
その後は#8浮穴が1点返すも阪大に確実に得点を決められリードを広げられた。

応援する選手たちに喜びを表す浮穴
応援する選手たちに喜びを表す浮穴

このままでは終われない立命館は終盤に#13古田・#37東野が立て続けにショットを決めるもタイムアップ。リーグ初戦を勝利で飾ることが出来なかった。

<試合後のコメント>
加藤悠太郎主将
初戦ということもあっていつものパフォーマンスを出せなかった選手も多くて、相手は1戦目を勝っていて波に乗っていて流れをもっていかれたのが敗因かなと思う。開幕戦に向けてこの一か月間やっていたので調整はやっていたが不十分だったと思う。残り6戦あるのでそれをしっかり勝ちきれば十分優勝の可能性もあるし1位通過の可能性も残されているのでそこに向けて切り替えてやっていきたい。

【記事・写真 武田健吾】