【弓道部】安藤、意地を見せ個人凖V/弓道部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇安藤聖奈(スポ・4)準優勝<8月13日(木)全日本学生弓道大会3日目女子個人戦決勝@名古屋市日本ガイシホール>

 出場選手
 安藤(スポ・4)
 岸田(文・4)
 岡村(文・2)
 村山(法・2)
 伊藤(国・1)
 林(文・1)
 宮本(法・1)

前日の団体戦では、まさかの予戦敗退を喫した弓道部。インカレ最終日に行われた個人決勝で安藤が4回生の意地を見せ準優勝を掴んだ。

 外せばそこで終了となる個人戦は安藤が出場する選手ほとんどの選手が敗退するも尺二5本をきっちりと決める。続く八寸射詰でも安藤は2本決め、この時点で安藤と京都橘・浅野の2人が残った。優勝の行方はどちらに転ぶのか、迎えた八寸射詰3本目、浅野が先に的中させプレッシャーを与えるも安藤も的中させる。勝負が決着する4本目、またも浅野が的中させる。そして安藤が放った渾身の矢は無情にも的から外れ勝負あり。結果は準優勝となったが最後のインカレで4回生の意地を見せた。

<試合後のコメント>
 安藤聖奈選手
 準優勝は実感がわかなかったが、応援してくれた人たちのための恩返しに弓を引きました。危なっかしい場面もあったが気持ちで戦っていけたと思います。リーグ戦では全員が気持ちを揃えて、私自身は弓道人生をかけて闘っていきたいし、みんなが笑顔で終れたらいいなと思います。