【女子ソフトボール部】投打噛み合い勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館3-2大阪大谷大<8月9日(日)第47回西日本大学女子ソフトボール選手権大会2回戦@伏見桃山城運動公園>

 

大阪大谷大 1000010…2

立命    100020X…3

 

 

スターティングメンバー

 

9 牧野

 

DP 芝

 

4 森田

 

3 大西

 

8 土居

 

5 中西

 

7 高島

 

6 杉岡

 

2 日高

 

FP 本庄

 

1回表、先発の本庄が立ち上がりを攻められ、一死三塁から犠牲フライで先制点を許す。

 

 

その裏、立命館は先頭の牧野、続く芝が連打で続き無死一、三塁の好機を迎える。ここで3番森田がセンターに犠牲フライを放ち、同点に追い付いた。「楽に軽く飛ばすつもりだった」と余裕を持った一振りですぐさま試合を振り出しに戻した。

 

 

2回以降は本庄が立ち直り、5回までをヒット1本に抑える好投を見せた。本庄を援護したい打線だったが相手バッテリーの緩急ある配球に翻弄され、なかなか攻撃の糸口をつかめない。

 

11824985_879443552144324_7237748682586777178_n
2回以降、好投を見せた本庄

 

 

1-1のまま試合は中盤へ進んだ。勝ち越したのは立命館だった。5回裏、この回先頭の高島が粘った末に四球で出塁。立命館ベンチはすかさずここで代走に丹野を送り、相手にプレッシャーをかけた。続く杉岡がきっちりとバントを決め、そしてキャッチャーの日高。初球の甘いストレートを強振し、左翼線へ勝ち越しの二塁打を放った。「競っている試合だったので、打たないと流れが来ない」と女房役が気迫の一打で本庄を援護。さらに二死後、芝も適時打を放ちリードを2点に広げた。

 

見事なリードも見せた日高と投手・本庄
見事なリードも見せた日高と投手・本庄

 

 

援護をもらった先発の本庄は「ひっくり返されないことだけを気を付けて投げた」と粘りの投球。6回に1点を失うも大阪大谷大の反撃を封じた。1点リードで迎えた最終回も一死二塁のピンチを防ぎ、試合終了。リーグ戦で苦杯をなめた大阪大谷大にリベンジを果たす1勝を挙げた。

 

 

<試合後のインタビュー>

 

福井監督

「個人よりもチームがひとつになっていた。みんなの勝利」

 

日高選手

「本庄は途中疲れも見えたが、しっかりとボールが来ていた」

 

本庄選手

「攻撃陣が点を取ってくれたから勝てた試合だった。次の試合では失点を減らすよう努力したい。」

 

 

 

【記事:仙田幸久、写真:坂爪未波】