【女子ソフトボール部】投打かみ合い初戦突破/女子ソフトボール部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館6-0岐阜経大<8月8日(土)第47回西日本大学女子ソフトボール選手権大会1回戦@伏見桃山城運動公園>

 

立命館  0002400…6

岐阜経大0000000…0

 

スターティングメンバ―

9牧野(産・4)

D芝(産・4)

4森田(国・3)

3中西(文・3)

7高島(産・3)

8土居(文・4)

5大西(産・1)

6杉岡(スポ・4)

2日高(文・2)

P本庄(産・2)

 

 

今年は地元・京都開催となった西日本インカレ。初戦の岐阜経大を相手に投打がかみ合い快勝を収めた。

 

立命館の先攻で始まった試合は初回から森田・中西の3回生コンビで2死ながら2.3塁のチャンスを作るが後続が続かない。2.3回もスコアリングポジションにランナーを置くが先制点には至らずもどかしい雰囲気となった。一方、先発の本庄は1~3回で安打を許すも、3塁を踏ませない貫録のピッチングを見せた。試合が動いたのは4回、6番土居・8番杉岡の内野安打で2死1.2塁チャンスを作り、ここで迎えるのは女房役の日高。

先制打を放った日高
先制打を放った日高

「アウトコースを狙っていた」と放った打球は左中間を真っ二つに破り、待望の先制点を得た。さらに5回、四球と相手の失策で0死1.2塁のチャンスで主砲の4番中西が右堅手の頭を越える適時三塁打で4-0とした。

この日3打数2安打の大活躍
この日3打数2安打の大活躍

その後1死3塁となるが、6番土居がダメ押しとる本塁打を放ち6-0とリードを広げた。

本塁生還する土居
本塁生還する土居

大量リードを得た本庄はチェンジアップを有効に使い相手打者を寄せ付けず、7回を被安打5で見事完封勝利を収めた。

2回戦から強豪校との対戦となるが、立命らしさを魅せるのはいまだ!

 

<試合後のコメント>

 

土居文香主将

先制点を取れたことが気持ち的に楽になって、チームの雰囲気も良くなり後の大量得点につながったと思います。打線は自分を活かしたバッティングが出来ていました。本庄は厳しい所に投げられていたので、点は取られないと思っていたのでしっかり点を取ろうとチームで話していました。ホームランに関しては春のリーグでは打てていなかったので、なんとかしてやろうという気持ちと西カレでは結果を残してやろうと思っていました。次からは強豪校と当たるが打ち勝てるようにやっていきたい。

 

中西美帆選手

5回のチャンスでは自分が4番なので決めようと思って打席に入りました。打った時の手ごたえはフライになるなと思っていたが落ちろと思っていました。調子自体はマシになりリーグ戦の時に比べて落ち着いて打席に立てるようになりました。次はまず1戦目から勝つことを考えて、勝てば2戦目のことを考えて頑張りたいと思います。

 

日高由菜選手

先制の場面では、中盤だったので絶対ここで1点取るぞという気持ちで打席に入りました。アウトコースを狙っていて、おそらくアウトコースを打ったと思います。本庄の球を受けていて調子も良かったので絶対に抑えられると思っていました。次は連戦になってくると思うので早い回から点を取って2つとも勝って準決勝・決勝に向けて頑張ります。

 

本庄遥選手

初回にストライクを取ってもらえなくて厳しいかなと思いましたけど、チームが点を取ってくれたので、そんなしんどい試合ではなかったです。1回負けたら終わりなので警戒して入りましたが相手打者は思っていたよりかはこわくはなかったですね。次は2試合になってくるので、上手くかわすピッチングを大事にして、野手は守備が固いのでそこ信じて投げたいです。

【記事・写真 武田健吾】