【女子ラクロス部】昨年王者に力負け/女子ラクロス部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命3-12関学

(関西学生ラクロスリーグ開幕戦 8月8日(土) @鶴見緑地)

得点者:#35東出(15分)#91漆間(18分)#16梅田(30分)
スターティングメンバー
AT
#32川越
#47小林
#91漆間
MF
#16梅田
#17佐々木
#18中村
#35東出
#89小森
DF
#44辻
#65亀井
#72那須
G
#66徳久→#93山本

IMGP1756

試合前円陣を組みスティックを突き上げる選手達

 

 

今年で26回となる関西学生ラクロスリーグが開幕した。               開幕戦の相手は昨年度関西制覇をかけて争い破れた昨年度王者関西学院大学。夏の太陽が照りつける中ドローがあがった。序盤、お互いにけん制しながらの立ち上がりであったが前半5分ゴール裏から揺さぶられ、先制点を許すと前半半ばまでに3点を失う。しかし前半15分キャプテンの#35東出が右サイドから切り込み1点を返し、18分にも#91漆間がゴール裏から回り込み、追加点を奪う。守備でも#66徳久のナイスセーブや、途中交代の#93山本の気迫あふれるインターセプトでゴーリーがチームをもり立てた。しかしその後奪えたのは後半5分#16梅田の1点のみで試合終盤にはチーム全体の足が止まりスタミナ面でも課題が残る開幕戦となった。

IMGP1789

試合中声を掛け合う#16梅田と#35東出

<試合後インタビュー>

#16梅田選手
(この試合への意気込みは)リーグ初戦、勝ちでスタートすれば良い流れになると去年経験していたので、勝つつもりでいました。関学が強いことはもともと分かっていましたが、自分たちの体力や気持ちの甘い部分が、チーム全体として出ていたと思います。もっと気持ちで勝てた部分があったと思うし、自分たちが妥協したところ、弱いところをチームの課題として、リーグの残りを戦っていきたいです。(敗戦の中でも収穫はありましたか)自分がシュートを決めた場面は、オフェンスで共有できていたし、練習でやってきた良いかたちでした。もっとそういうかたちを出せるように、そこを伸ばしていけば良いと思います。

[記事:宇野 友泰 インタビュー:宇野友泰 多満城沙耶 写真:多満城沙耶]