【男子ソフトボール部】社会人相手に一歩及ばず/男子ソフトボール部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館3-4上中産業<7月11日(土)全日本総合男子ソフトボール選手権近畿予選1回戦対上中産業@なみはやグラウンド>

立命館 0101010….3
上中産業000301x…4

スターティングメンバ―
4内田
5渡辺
7川内
D岸
6藤野
2三谷
8岡野
3奥村
9柳田
P中原
バッテリー
中原・相佐―三谷

京都府予選を突破し、波に乗る立命館。近畿予選も突破し全国への出場権を掴みたいところだったが、社会人が立ちはだかった。

 立命館の先攻で始まった試合は1回、1番内田が強烈な当たりの中安打を放ち、リードオフマンとしての役割を果たす。しかし、多彩な変化球を操る上中産業・岸本の前に3番川内・4番岸が連続三振で先制点を奪えない。一方、先発中原は四球を2つ出すも3番西川・5番川口から三振を奪い要所を締める投球を披露した。試合が動いたのは2回、安打と2つの四球で1死満塁のチャンスを作り、9番柳田を迎える。インコースを狙っていたという柳田はきっちりと中犠飛を放ち、先制点を奪った。さらに4回、この回先頭の岡野が「完璧に打てた」と狙っていたライズボールを捉えた打球は左中間の柵を越える本塁打となり貴重な追加点を得た。しかし、その裏これまで好投していた中原が押し出しと2点適時打で逆転を許した。まずは追いつきたい立命館は6回、先頭の奥村が中堅手の頭を越える三塁打で同点のチャンスを作る。その後2死となるも2番渡辺が持ち前の勝負強さを発揮し適時打を放ち3-3の同点とした。

持ち前の勝負強さで同点打を放つ渡辺
持ち前の勝負強さで同点打を放つ渡辺

このまま簡単に勝たせてくれないのが社会人。同点に追いついた直後、2番手の相佐を捉え2死1.3塁から適時内野安打を浴び、3-4と再び突き放された。最終回2死1.2塁と一打勝ち越しの場面で、先制の犠飛を放っている柳田を迎える。上中産業・2番手山本が投じた3球目を捉えた打球は無情にも左翼手の正面で万事休す。3-4で惜敗となった。

試合には敗れたものの、粘り強さやこれまでは中原頼みになっていた投手陣に相佐の台頭など収穫の多い試合となった。
いよいよ8月上旬には西日本インカレ、下旬にはインカレが始まる。4回生にとって集大成となる。日本一という野望を果たそうとする男子ソフト部から目が離せない。

<試合後のコメント>

川内雄大主将(法・4)
 全国大会につながるので勝ちたかった。自分たちが攻めるところで攻めきれなかったのでインカレ・西カレに向けて課題が見つけられた試合だった。相手が誰であれチーム一丸となってやるだけなので社会人が相手でも気にはならなかった。打線に関してはもっと早く攻略できたし、打つべき人が打たないとこういう負け方になってしまう。下位打線が頑張っていた分、上位打線が頑張らないといけない。投手陣は中原と相佐が投げている時では守備の雰囲気が全然違うので、起用法もそうだがどちらかが1人前にならないといけない。西カレでは2回戦ではリーグ戦で負けた関大に当たるが、そこだけを見ず一戦一戦しっかり戦っていきたい。

三谷舜選手(産・4)
中原も相佐も丁寧に投げてくれた。2人ともランナーは出していたけれど、要所をしめていたところは良かった。中原は調子は悪くなかったがフォアボールを連続でリズムを崩し始めたので今後は、早いタイミングでピッチャーを変えるなど対策を立てたい。この試合の収穫点は打順がいつもと変わっていて、雨の影響で練習試合が出来ていなかったが、個人個人でバットは振れていた。柳田のファインプレーが生まれたのも岡野のカバーリングがあったからで、1人ひとりがボールの処理ができ、大量点を取られそうなところでも最少失点に抑えて、粘れたところ。西カレは1点差の試合になると思うのでピッチャーに良いボールを投げさせてあげられるようにしたい。

奥村渉選手(産・3)
終盤の1点を追いかけるところでの打席は塁に出ることを意識して入った。チームは守備でもファインプレーもあったいい流れで、打席が回ってきたので甘い球を振り抜いた。チームはバッティングが好調だが、ランナーが出てからあと一本が出なかったり、投手力を上げていかなければならないところがこの試合で出た課題。西カレでは京都で開催されるので、応援に応えられるように一戦一戦勝っていきたい。

柳田将樹選手(国・3)
 2回のチャンスでインコースを狙っていてそれをきちんと打つことが出来た。西カレでは出場機会があれば全力で頑張りたい。チームのために活躍したい。

渡辺大夢選手(産・3)
 6回のチャンスでは自分が決めよう、自分が決めるしかないと思って打席に入った。追い込まれていたので、ストライクは積極的に振っていこうと思った。狙っていた球なく、どんな球が来ても打ってやると思っていた。西カレでは立命館らしくそして一戦一戦を大切にしたい。

中原隼生選手(法・3)
 球は走っていたが特に1-3イニングで、低めを狙っていたにもかかわらず、上ずってしまった。甘い球はやはり打たれてしまった。リーグ戦からの修正点としては低めにボールを集めることに集中した。そうすることで長打は減ったが、大事な場面でそれが実践できなかった。それが3失点につながったのだと思う。この試合での課題は守りに入ったりかわそうとしたりしてしまっていた。それでは強いチームには勝てないと感じた。攻めのピッチングが出来るようになりたい。西カレまで少し時間があるのでどういうピッチングをしたいのかを考え直したい。

岡野孝祐選手(産・2)
 ホームランを打った球は狙っていた。打った球はライズボールで完璧に打つことが出来た。チームとしてチャンスの時に打ち、集中攻撃で畳み掛けられたらもっとよくなる。エラーなく1人ひとり守備が良かったところは収穫。西カレでは、1回勝てば関大に当たると思うので、リーグ戦で負けた分勝ちたい。

相佐瞭太選手(国・1)
 先頭バッターを立て続けに出してしまったのとフォアボールを出してしまったことが反省だがアウトコースの真っ直ぐで見逃し三振を取れたことは良かった。西カレでは頭から投げて7回を投げきって完封できるぐらいになりたい。

[記事 武田健吾 インタビュー 坂爪未波 武田健吾 松下由佳 写真 坂爪未波]