【男子ソフトボール部】投打がかみ合い快勝/男子ソフトボール部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館7-2京産大<4月19日(日)関西学生ソフトボール春季リーグ第2節@万博記念公園スポーツ広場>

京産大011 000…2
立命館050 02x…7※時間切れコールド

<スターティングメンバ―>
8岡野(産・2)
5渡辺(産・3)
7川内(法・4)
D岸 (産・2)
6藤野(文・4)
2三谷(産・4)
4内田(スポ・3)
3奥村(産・3)
9石井(法・2)
P中原(法・3)

この日はダブルヘッダーのため、神院大戦後すぐに京産大戦が行われた。神院大戦で勝ちきれなかった鬱憤を晴らす結果となった。

 試合が動いたのは2回。京産大下位打線に適時打を浴び、先制を許す。しかし立命館はすぐさま反撃に出る。1死1.3塁からパスボールで同点とし、その後2死1.2塁と勝ち越しのチャンスを作る。ここで打席に入るのは、この試合でスタメンに抜擢された石井。「最近は調子が良く、自信を持って打席に入れた」と石井は初球を振り抜き、右中間を破る適時三塁打を放ち勝ち越しに成功する。続く岡野に本塁打が出るなどこの回だけで打者9人5得点の猛攻で試合を決めた。投げては中原が「2試合目でボールがあんまり行ってなかった」と言うものの4回以降は連投の疲れを感じさせず、京産大打線をきっちり抑えて見事完投勝利を収めた。

<試合後のコメント>

川内雄大主将(法・4)
 ダブルヘッダーということもあって相手の集中が切れていたこともあって勝ちを拾えた形だがリーグでは結果が大事なので勝てたことは良かったが出た課題はちゃんと詰めていきたい。打線は点が一気に入るが欲を言えば毎回得点できるようにしたい。中原は疲れているなりに投げてくれたのでよく頑張ってくれた。これからの相手は簡単に勝てる相手じゃないので中原事態の調子も上げてもらって、周りもしっかり守っていきたい。

三谷舜選手(産・4)
 中原は追いついてからも踏ん張って投げてくれたので、よく我慢出来たかなと思う。調子自体はよく2試合投げきれたことは良かった。2試合目は出したサインに対してちゃんと意図を汲んで投げてくれたので、余裕が出てきてコントロールも良くなったと思う。

中原隼生選手(法・3)
 いい意味で適当に投げたので、力みが抜けて投げられた。2試合目でボールがあんまり行ってなかったと感じたので緩急をつけていった。気持ちの整理はつかなかったものの幸い負けなかったので、ここを勝てば次につながると思って投げました。

石井貴大(法・2)
 最近は調子が良かったので自信を持って打席に入れた。これまで自分のスイングが出来ていなかったのでよかった。高めに来たら行こうと思っていてその通りの球が来たので打てました。

[記事 武田健吾]