【女子ソフトボール部】エース本庄、粘投で完封/女子ソフトボール部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2
◇立命館1-0関大<4月18日(土)春季関西学生女子ソフトボールリーグ戦1次リーグ第2戦@武庫川女子大学総合スタジアム>

関大 000 000 0…0
立命館010 000 x…1

開幕戦を落とした立命館。あとがないチームを救ったのは、エースの本庄だった。

 初回、本庄は内外を巧みに投げ分け、危なげない投球を披露する。先制点がほしい立命館は2回、安打と四球で1死2.3塁のチャンスをつかむ。ここで女房役の8番日高が三塁手を強襲する適時内野安打を放ち先制する。
援護をもらった本庄は直後の3回に3者連続三振を奪い、圧巻のピッチングを見せた。さらに援護したい打線だったが、尻上がりに調子を上げる関大・平木に手も足も出ず塁に出ることができない。すると5回、本庄が2本の安打を放たれ1死1.3塁のピンチを招いた。「自分が信頼しているバックなので怖いとか無かった」と野手陣を信頼している本庄は強気のピッチングで連続三振を奪い、ここを凌いだ。
6回のピンチも凌ぎ迎えた最終回、2死から四球、失策でサヨナラのピンチを迎えたが、二ゴロで打ち取り、1-0で勝利した。

なんとかつかんだ1勝ながら、打線は2安打に終わった。だが各打者の調子は悪くないだろう。2次リーグ以降で打線が爆発することを期待したい。

〈コメント〉
土居文香主将(文・4)
 初戦を落としたので、なにがなんでも勝ちたい気持ちが伝わったと思います。打線はヒットの数以上に、泥臭い試合で勝てたのでよかったです。ピッチャーの本庄はコントロールが良かったですね。センターから見ていてもいいコースにしかいってなかったので、やっぱりすごいなと同時に小さいけれど大きなエースだなと思いました。ピンチがあったが打たれる心配はなく、それよりも早く楽にさせてあげたいなという気持ちの方が強かったです。

本庄遥選手(産・2)
 正直、先週の奈良文化戦の方が調子は良かったです。コントロール自体はそこそこ良くて自分の得意なコースを取ってくれたのでうまく使いました。練習試合では結構打たれたので、そこを意識しながら投げました。後半でランナーが出ても慎重に1個ずつ行こうと思っていたので冷静でした。5回のピンチは先週の失点した時と同じケースだったので、どうにかして抑えようと思った時に福井監督から「自分のスタイルで投げたらいいよ」と言ってもらったので、苦しかったですけど立命は守備が固く、自分が信頼しているバックなので怖いとか無かったです。

〈スターティングメンバー〉
4森田(国・3)
9牧野(産・4)
D芝(産・4)
3中西(文・3)
7高島(産・3)
8土居(文・4)
6杉岡(スポ・4)
2日高(文・2)
5熊井(産・3)
P本庄(産・2)

[記事・写真 武田健吾]