【女子ソフトボール部】格下相手に敗戦/女子ソフトボール部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

1
◇立命館1-2x奈良文女短大(延長8回)<4月12日(日)春季関西学生女子ソフトボールリーグ戦1次リーグ第1戦@武庫川女子大学総合スタジアム>

立命館000 010 00….1
奈良文000 010 01x..2

日本一を獲るには関西で負けるわけにいかない立命館。しかし開幕戦の緊張からか打線が上手く機能せず、初戦を落とす結果となった。
 この日の先発は昨秋に最優秀投手賞を受賞したエースの本庄。持ち味の打たせて取るピッチングで4回まで安定感抜群のピッチングを見せる。そんな本庄のピッチングに応えるように打線が奮起する。5回、先頭の日高が四球で出塁し代走に丹野が送られる。続く杉岡がきっちり犠打を決め、この試合初めてのチャンスで1番の森田を迎えた。「カウントが1-3だったが気持ちでもっていった」と左中間を破る適時二塁打を放ち、待望の先制点を奪う。しかし、その裏に失策2つであっさり同点とされる。6.7回は立命館が再三の得点圏にランナーを進めるもあと一本が出ない。一方で本庄が6.7回を三者凡退に打ち取り延長戦に突入した。延長戦はタイブレークとなり、0死2塁からとなる。8回表6番高島に代わり代打の金田が犠打を決め、1死3塁のチャンスを作るが杉岡・日高が倒れ無得点に終わる。その裏に失点し、悔しいサヨナラ負けとなった。

〈コメント〉
土居文香主将(文・4)
 チャンスは作れたがあとが出ず、勝てなかった。打線の鍵になる3回生は森田がタイムリーを打って結果を出してくれた。中西・高島はヒットこそなかったが、振りはよかったので次は結果を出してくれると思う。あとがなく、追い込まれたが立命らしくやっていきたい。

森田歩選手(国・3)
 1打席目は引っ張り気味だったので、セカンド方向を意識して打席に入った。1-3だったが思いっきり行った結果がタイムリーになって良かった。もう負けられないので頑張ります。

〈スターティングメンバー〉
4森田(国・3)
9牧野(産・4)
D芝(産・4)
3中西(文・3)
7高島(産・3)
8土居(文・4)
6杉岡(スポ・4)
2日高(文・2)
5熊井(産・3)
P本庄(産・2)

[記事・写真 武田健吾]