【男子陸上競技部】【男子陸上競技部】目標の関西NO.1達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

【男子陸上競技部】
2016.11.06
第48回 全日本大学駅伝対校選手権大会

・結果・
16位 立命館大 5:30:40

1区 辻村 公佑 16/[16]  45:03-45:03
2区 岩﨑 祐也 15/[15]  1:25:20-40:17
3区 中井 拓実 17/[14]  1:54:04-28:44
4区 西川 諒 16/[18]  2:37:22-43:18
5区 村武 慎平 15/[10]  3:13:16-35:54
6区 藤田 孝介 15/[19]  3:51:00-37:44
7区 森 太一 16/[17]  4:27:13-36:13
8区 土井 政人 16/[23]  5:30:40-1:03:27
※00/[00]=通算成績/区間成績 総合タイム-区間タイム

1区を走る辻村
1区を走る辻村

 

区間10位の好走を見せた村武
区間10位の好走を見せた村武

 

立命館は関西勢トップの16位でゴールした(土井選手)
立命館は関西勢トップの16位でゴールした(土井選手)

 

≪選手・監督へのインタビュー≫

田中監督
・オーダーについて
オーダーを決めたのは、1ヶ月前くらいからなんとなく考えていた。エースの一人といえる枡本が予選会の前の怪我から復帰できるのか否かで何パターンか考えていた。(彼は、怪我と復帰を何度か繰り返していた)
・振り返って
春の段階では、昨年の4回生が抜けかなり不安なチームだったが、選手それぞれが努力してきてくれた。高校時代の成績から考えても力のある彼らが、しっかりと伸びてきた感じ。
関西NO.1を目指して挑んだ今大会。まずはその目標を達成してくれてよかった。しかし、関東勢に完全にやられてしまった。(うまくいけば大東大・国士舘に勝てたかもしれない…)それは10-11位を目指せる力を持ったチームだったからこそ、まだまだ努力不足だったからだと思う。
・これから強化したい点
現時点では、一人でも怪我をしたら回らないくらい、メンバーの数がぎりぎりの状態。今は控えの選手たちが一人でも多くメンバー候補にあげられるように底上げを図りたい。
・これから
この大会で関西NO.1になったからには、次の関西や京都の駅伝では負けられない。絶対に勝つ。今まで、記録会にたくさん参加したり、関東も含む沢山の遠征を行ったりしてきた。それらの経験や今大会で、選手たちの意識が「関東の選手についていってタイムを伸ばす」から「関東と勝負できる・勝負する」に変化できたことは大きい。
今回は一回生ががんばってくれた。これからも伸びていってくれるはず。各学年にエースがいるのも頼もしい。

土井キャプテン(8区)
・自身の調子や目標
調子は悪くないと思っていたが、走り始めたら追い風が徐々に向かい風に変わってしまった。大東大を追いかけて、少し焦って追いついたせいでそれが仇となってしまった。最終的にタイムが伸びなかったのは、それが原因だと思う。去年と同じ8区を走ったが、目標はタイムを更新することだった。大東大との時に焦った分が災いし、タイム更新はできなかったのが悔しかった。
・チームの雰囲気、これから
2015年まで、目標はこの駅伝で8位以内を取る事だった。しかし私がキャプテンになってからは、関西でナンバーワンを目標にやってきた。今回、関西で1番になれた事はチームとしては良かった。しかし、自分の結果がよくなかったため、今は少し悔しい気持ちが残っている。これから駅伝シーズンが続くが、関西ナンバーワンを目指して、これからもどんどん強くなっていきたい。
1・2回生のメンバーが多いチームなので、もっと上を目指せるのではないか、関東に勝てるチームになれるのではないかと思う。来年のために先を見据えて頑張っていきたい。関西の駅伝・京都の駅伝と続くが、この初戦で関西ナンバーワンになれたのだから、ここからも優勝を狙っていきたい。

辻村選手(1区)
・レースを振り返って
10kmくらいまでは先頭集団についていこうとしていたが、実は風邪を引いてしまっていてうまく力が発揮できなかった。7km付近でスローペースになってしまい7,3kmの給水でペースダウンしてしまった。そこから単独になってしまった
・今日の調子
風邪を引いてしまっていたこともありあまりよくなかった
・意識していた選手
京産大の1区を走った寺西選手。区間5位を達成していた。京産大は1~3区に主力選手を集めてきていたのでそこを乗り切ればいける、と思っていたが1区で1分以上差をつけられてしまった。自分の仕事ができなくて悔しい。
・オーダーについて
だいぶ前から一応言われていたが10月の23日の記録会で正式に決まった
・これからへの意気込み
練習を重ねていたのにもかかわらず体調を崩してしまった。これからの大会は準備の段階からしっかりとやって良いコンディションで臨みたい。

岩崎選手(2区)
・調子
悪くはなく、緊張せずに自分の走りができたほうだと思います。
・レースを振り返って
最初の3キロで貯金を作ったのですが、コースは途中アップ・ダウンが激しくそれでタイムを落としてしまいました。走っている最中、しんどいと思い気持ちが途切れそうになりました。トータルでは平均3:03で走っていました。もう少し上げることができたと思うので悔しいです。
・オーダーが決まったのは
区間が決まったのは2週間ほど前で平成国際大学記録会の10000mで、自己ベスト(チームをトップ)を出して2区に決まりました。
・関西でトップの成績を立命館がおさめましたが
関西で一番になれたのは非常に嬉しいです。主力の一人としてチームを引っ張っていけたと思います。
・意識した選手
やっぱりライバルの京産で活躍している奥村選手です。差を詰めようと思い走りました。第2中継所の目前に下り坂があり、そこで下りのスピードを使って最後の200mはスパートをかけました。追い抜き、3秒引き離すことができたので嬉しかったです。しかし、もう少し早く抜いていれば3区の中井に更にアドバンテージをつくれたと思います。

中井選手(3区)
・ペース配分やオーダーについて
特に考えていなかったが普段通りの走りを意識した。オーダーを伝えられたのは1週間前で、1回生だからといってどうこう考えることもなく走ることができた。調子も先週よりはよく上り調子だった。
・意識した選手
意識したのは前の京産と後ろの明治。
京産との差を縮めることを意識した。
・丹後駅伝に向けて
次の丹後ではやはり関西1位が目標で、個人としては区間賞を狙っていく。

西川選手(4区)
・調子
試合前は9月から10月にかけて調子があまり良くなかった。しかし最終調整の時期に、少しずつ調子がうまく合っていって、走れた。
・オーダーについて
監督から駅伝のメンバーになることは1ヶ月前くらいから伝えられていたが、いろんな区間を走ることが考えられるから。と言われていた。特に6区か7区を考えていると言われていた。しかし、1週間前からかなり調子が上がっていたため、4区への起用が決まった。
・レースを振り返って
緊張はそこまでせず、初めての伊勢路が楽しみたいと言う気持ちが大きかった。そして沿道の声に応えたい気持ちも大きかった。
4区を走るということに対して特に気にしていた事はなかったが、攻めの走りを意識していた。関東の大学を1つ抜けてよかった。しかし京産大に差を詰められたことが悔しかった。もう一つ上の順位を目指せたと思うと悔しい。
・丹後駅伝に向けて
関西の駅伝では優勝を目指したい。そして区間賞狙っていきたい。

村武選手(5区)
・レースを振り返って
自分にとって最後の全国大会で、京産に勝ち関西で一番になれたことは純粋にうれしい。しかし、関東の壁は高くて、及ばなかったことは悔しい。
襷を受け取ったときには京産が追い付けるところにいた。初めは京産にずっとついて行くつもりだったが、思ったよりも京産の選手が遅かったため思いきって前に出た。そこからはもう前しか向かずに関東のチームをひたすら追いかけた。
・予選会では、欠場だったが…
走らないといけないはずなのに走ることができず、チームのみんなには申し訳ない気持ちだった。そのため夏に復帰してからはその分も頑張らなければ!と調整してきた。
・ペース配分
中盤で粘れなかったため、納得のいく走りではない。しかし、去年の経験を活かすことができたため、この区間だったことが幸いしたと思う。
・個人成績が10位だったが
10位ということのは驚きです。もう少し悪いと思っていたので(笑)
嬉しいという気持ちもありますが、せっかくなら1桁の成績を出したかったです。9位の選手とはタイムに差があります。そこが実力不足を物語っています。
・これから続く駅伝シーズンについて
関西の実力はどこもあります。少しの油断が命取りなので、気を引き締めて練習に励みたいと思います。今年のチームは関西トップを取れると信じています。全日本で関西一になれたので、勢いにのって駅伝シーズンを駆け抜けたいと思います。

藤田選手(6区)
・調子や目標
最近はうまく良いタイムが出せず、不安な気持ちが続いていた。そのためか当日も調子が完全とは言えなかったが、何も考えず走った。調子が良くなかったこともあり、周りに比べて足をして引っ張ってしまった、という申し訳ない気持ちが強い。 初めての駅伝であったが、朝のテレビ中継を見てみるまでは、そこまで緊張しなかった。テレビを見て、先輩の姿を見て緊張したが、タスキをもらうときには、もう意識しないようにしていた。
目標は3分0 5秒を刻みながら走りたかったが、結果をまだ振りかえることができていないので何とも言えない。
・これからへの意気込み
まずは次の駅伝のメンバーになれるように頑張りたい。今日いなかった人たちも、どんどん調子上げてチームに入ってくると思う。とにかくチームのメンバー入りを果たし、メンバーの1人としてチームのために貢献していきたい。

森選手(7区)
・レースを振り返って
初駅伝だったけど、課題が出るレースだった。最初行けるところまで、行こうと思ったけど、8㌔ぐらいでガス欠をおこしてしまってまだ力が弱いなあと思った。40秒差ぐらい大東とあって1万のベストより早いペースで10㌔入ったのに、後ろから足音聞こえてきて、あれおかしいぞと思ったら、大東に抜かれた。関東勢で1個勝てるところで、抜かれてしまった。そこはミス。
・7区はいつ決まったのか
予選会も自分のせいで負けてしまった。監督から絶対に使わんって言われた。でも怪我せずにやって来て、おまえ上手くいったら、7区だわって去年から言われていた。暗黙の了解、走れているから7区に決まった。いつ7区に決まったとかではなくて、いけるならおまえは7区しかない。怪我が少ない穴を埋められるって意味での7区。力はないから、怪我人の穴を埋められる力がついてきた。
・意識した選手
関西勢の日下選手(京産大)。よく試合で競っている選手。関西では負けたくないって言うのと、高尾コーチから関西勢には負けたらあかんぞって言われて、自分のできる走りを何とかすれば、いけると思った。
・調子
足の調子は悪くなかった。9月過ぎの記録会で、自己ベストが2回連続でていた。やっと長い距離が走れるようになった。
・全日本大学駅伝走ってみて
とても楽しかった。あっという間だった。また来年、また厳しい戦いがチーム内であるけど、また来年も走りたいなあと思った。
・丹後駅伝にむけて
レギュラー獲得したい。

 

記事・写真:坂爪未波/インタビュー:成澤郁美.松下由佳.森本善仁.児玉邦宏