【硬式野球部】「4回生のために」延長10回早田V打で立同戦勝利、今日優勝決定戦/硬式野球部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◆立命館1x-0 同志社
(10月23日(日)、関西学生野球秋季リーグ第8節3回戦@わかさスタジアム京都)

同大 000 000 000 0 │0
立命 000 000 000 1x   │1

関西学生野球秋季リーグは第8節3回戦が行われ、立命館は同志社に早田の犠飛で延長10回サヨナラ勝ちを収め、4つ目の勝ち点を挙げた。24日の関西大との優勝決定戦で勝てば4季連続の優勝が決まる。

オーダー
9→7 早田(産3)
4 池内(法4)
3 佐々木(産3)→9 大林(文4)
5→3 高島(産4)
8 辰己(産2)
7 三原(スポ4)→H9 小田(済3)→H5 脇屋(文3)
2 栃尾(文2)→H 岩井(産4)→2 佐野(産2)
1 東(文3)→H 谷口(済4)→R 田中大(産3)
6 堂(文4)→H 大谷(産3)

前日の試合で接戦を制し、優勝に望みをつないだ立命館。この日も、負ければ4回生は引退という前日と同じ状況での試合となったが、後藤監督は先発オーダーのうち高島、辰己以外の7人の打順を大幅に組み替える思い切った采配に出た。同志社の先発が左腕であることを予想して、池内、辰己、先発の東を除いて6人の右打者を並べた。

立命館の先発は初戦以来、中1日でのマウンドとなったエース東。初戦では敗戦投手となったが、この大一番を託され気合がみなぎっていた。初回、2回と続けて得点圏に走者を進めたが、後続を断ち無失点で切り抜けた。

先発の東
先発の東

打線は左投手を得意とする右打者を揃えるも、相手の先発・平尾奎から好機すら奪えなかった。序盤4イニングで得点圏に走者を進めたのが1度だけと、初戦に続いての対戦にも拘らず長身左腕の角度ある投球を打ち崩せなかった。

東は5回から7回まで3イニングをパーフェクトに抑えるなど、中盤以降さらに投球が安定していった。この日マスクを被った栃尾のリードも冴え、危なげなく同志社の強力打線を封じた。

打線は5回に大きな先制点の好機を迎えた。一死から栃尾が中前へ安打を放つと、これを同志社のセンターが後逸し、栃尾はその間に三塁まで進んだ(記録は安打)。そして、打席には投手ながらも関西大戦で適時打を放った東。「打てばヒーローになれる」と臨んだが、初球を引っ掛け二塁ゴロ。続く堂も凡退し、均衡を破ることは出来なかった。7回にも二死一、三塁の好機でも東に打席が回ったが、9球粘った末に捕邪飛に終わり、悔しい表情を浮かべた。

三塁打を放った栃尾。この日も攻守にわたってチームに貢献した
三塁打を放った栃尾。この日も攻守にわたってチームに貢献した

8回もマウンドに立った東は、前の好機で凡退した悔しさをぶつけるかのように、気迫のこもった投球を見せた。球速は前の回と変わらないが、勝ちへの執念をボールに込め、相手を封じていった。背番号20の背中からは、エースとしての風格が漂っていた。

優勝を争う大一番は、互いの投手陣が9回まで1点も与えない投手戦となった。伝統の「立同戦」の中でも、ここまで白熱した試合は稀であると言うほど、ピンと張りつめた空気が球場全体に漂っていた。スタンドも多くの観客が詰め掛け、一球ごとに喜びとため息が入り混じっていた。

試合は延長戦に入った。10回の攻防で、はっきりと明暗が分かれた。9回まで112球を投げていた東はこの回も続投したが、先頭の白水に安打を浴び、犠打と暴投で一死三塁と絶体絶命のピンチを招いた。同志社側は7番西田悠の打席で2ストライクからスクイズを敢行。打球はホームベース前に転がったが、途中から入った佐野が三走にタッチし、二死。「全く予想していなかった(東)」と意表を突く攻めにも佐野が冷静に対処し、窮地を脱した。続く山岸もストレートで中飛に抑え、東は10回126球を無失点で投げ切った。

延長10回を投げぬいた東を栃尾が迎える
延長10回を投げぬいた東を栃尾が迎える

ピンチの後にはチャンスあり。その裏、立命館にもサヨナラの好機が訪れた。東の代打・谷口が、9回途中から代わった同志社の福島から三塁にしぶとく打球を転がすと、相手が悪送球し無死一塁。続く大谷の打席で代走・田中が盗塁を決め、さらに大谷が追い込まれてからもボールに食らいつき、進塁打となる一塁ゴロで一死三塁。チームの執念で好機を演出し、打順は公式戦初の1番を任された早田に回った。「緊張したけど、後ろに頼もしい打者が控えているので信じて、逆に開き直って打席に入った」と、胸に手を当てながら打席へ。

打席に入る直前、胸に手を当てる早田
打席に入る直前、胸に手を当てる早田

「東のために何とかしてやりたい」と2球目の真ん中に入ったスライダーを強振すると打球はライトの後方へ。三走・田中大がホームへ滑り込み、判定はセーフ。優勝に望みをつなぐ劇的なサヨナラ勝ちに、早田を中心に歓喜の輪が出来上がった。一敗も許されない状況からの2連勝で宿敵・同志社から勝ち点を挙げ、明日の優勝決定戦臨むことに決まった。

サヨナラ勝ちを喜ぶナイン
サヨナラ勝ちを喜ぶナイン

サヨナラ勝ちの瞬間、一番にベンチを飛び出した主将・高島、何度も跳び上がりながら早田を讃えたムードメーカー・大林、次いで早田のもとへ駆け寄った谷口、堂など、喜びを体で表現していたのは4回生だ。「4回生と一日も長く野球をやりたいだけ」と早田が言えば、後輩を一番に祝福したのが4回生と、チームの一体感が勝利を生み出した。4連覇を逃し、同志社の胴上げを目の当たりにするという最大の危機を乗り越え、チームの絆はさらに深まった。24日の優勝決定戦で勝てば立命館史上初の4連覇達成となる。勝ちに対する「気持ち」や「一体感」を大切に、悲願に向けて一丸となって戦いたい。
○インタビュー
後藤監督「東はもっと早く代えようと思っていたが、調子が良かったので引っ張った。この試合がリーグ戦の中ではベストピッチ。明日勝たないと意味がないので、ここまで来たら4連覇したい」

○東「春から通して今日の投球が一番良かった。点を取ってくれて野手に感謝している。強打の同志社打線を抑えられたのは自信になった。明日も投げるつもりで心の準備をしておく」

○高島「東が踏ん張って、最後につながった。立同戦で多くの応援があった中でこれだけの試合が出来て、勝つことが出来て自信につながった。勝因は一体感があったことだと思う。試合を想定した練習を取り入れていることが勝負強さにつながっている」

○早田「サヨナラ打はほとんど記憶にないので、興奮している。10回は熱い攻撃が出来た。谷口さんが相手と交錯しながらも出塁して、大谷もくらいついて進塁打を打って、つないでくれて、託してくれた結果、あの打球につながった。自分が打ったのではなく、スタンドの応援やベンチの後押しが打たせてくれた。東のためにもっと早く決めたいと思っていた」

【記事=仙田幸久、インタビュー=仙田幸久、門野稜子】