【直前特集】【直前特集】関西学生野球秋季リーグ戦最終節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関西学生野球秋季リーグ戦最終節

 

関西学生野球秋季リーグ戦は第7節までを終え、熾烈な優勝争いが繰り広げられている。立命館は関西大と2位で並んでおり、21日からの最終節では現在首位の同志社大と対戦する。ともに勝ち点を落とせば優勝を逃すため、両校にとって絶対に負けられない試合となる。立命館史上初のリーグ4連覇に向けて、優勝の行方や試合の展望などを紹介する。

・優勝の行方
現在優勝の可能性が残っているのは同志社大(6勝2敗)、立命館(7勝3敗)、関西大(7勝3敗)の3校。最終節では2位で並ぶ関西大対関西学院大との試合も組まれており、立同戦の勝敗と関西大の結果次第で優勝の行方が左右される。勝ち点を落とすと優勝が消滅するため、立同戦で勝ち点を挙げることが優勝の絶対条件である。
【立命館が最終節で2勝した場合】
→関西大が2勝で優勝決定戦、2勝1敗、1勝2敗、2敗で立命館が優勝
【立命館が最終節で2勝1敗の場合】
→関西大が2勝で関西大が優勝、2勝1敗で優勝決定戦、1勝2敗、2敗で立命館が優勝
※立命館が勝ち点を落とした場合は立命館の優勝が消滅するため省略

・初戦の展望
立命館の先発はエースの東(文3)が予想される。今季は全カードの初戦の先発を任されており、リーグトップの4勝を挙げている。左腕からストレートと変化球を投げ分け、打者に的を絞らせない投球が持ち味で、同志社の4番を務める井手も「リーグで一番良いピッチャー」だと評価するほどだ。入学してから今まで、リーグ戦で一度も3失点以上を喫したことがなく、大崩れせずに試合を作る安定感はリーグ屈指といえる。普段から口にする「先に点を与えない投球」が出来るかが勝敗を分ける一つの分岐点となりそうだ。

初戦の先発が予想される東
初戦の先発が予想される東

打線は同志社のエース福島から先に点を取り、東を援護したい。春は3試合全てで対戦したが、15イニングで3得点と攻略しきれなかった。福島が警戒する1番の池内(法4)が序盤に出塁し、中軸の高島(産4)、辰己(産2)が走者を還す攻撃が出来るかどうかが鍵となるだろう。また、中盤から終盤にかけての勝負所で起用される代打陣が活躍できるか、ということも勝敗を分けると思われる。

好投手同士の投げ合いとなるため、ロースコアの接戦が予想される。「先制点」を大事なポイントとして挙げたが、普段のリーグ戦とは違った立同戦の独特な雰囲気の中で、先に流れを掴み、主導権を握った方が有利に試合を進められることは言うまでもない。また、緊張感のある試合であればあるほど、一つのミスや四死球が勝敗を左右しうるだけに、目の前のプレーを確実にこなすことも、勝利を手繰り寄せる大切なポイントとなる。

4番を務める主将・高島
4番を務める主将・高島

 

・日程
関西学生野球秋季リーグ戦最終節
10月21日(金)vs同志社 17:00〜
10月22日(土)vs同志社 17:00〜
(10月23日(日)vs同志社 17:00〜)
@わかさスタジアム京都

球場で選手達を応援しよう!
球場でナインを応援しよう!

・アクセス方法

阪急京都線「西京極」駅より徒歩約5分

【門野稜子、仙田幸久】