【女子陸上ホッケー部】【直前特集】西日本学生ホッケー選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

西日本学生ホッケー選手権大会(西日本インカレ)

1.大会の説明
2.展望、見どころ
3.大会日程
4.交通アクセス

1.大会の説明
8月6日から9月25日まで、岐阜県、大阪府、奈良県、兵庫県の各ホッケー場で行われている、陸上ホッケーの西日本王者を決める大会 である。立命館は男女ともに予選を免除されており、9月24日の準決勝より登場し、勝てば25日の決勝に臨むことになる。

2.展望、見どころ
【男子】
24日の初戦では東海学院大と顔を合わせる。予選では春季リーグ戦の決勝で対戦した朝日大を破っており、決して侮れない相手である。決勝戦では、7月の王座決定戦・決勝でSO戦の末に敗れた天理大との試合が予想される。今季は日本リーグ(大学、社会人チームの上位で構成するリーグ戦)で5月に2度対決しており、1勝1敗。3度目の対戦となった王座決定戦でも中盤までは主導権を握っており、実力は互角であると言えそうだ。高校までに各地で名を馳せた選手が多く集まる両校。日本リーグの中でも互いにH1(1部リーグ)に所属しており、今回も非常にハイレベルな戦いが予想される。王座決定戦では2点をリードした後、足が止まったところを攻められ、同点に追い付かれたことから、勝敗を分ける鍵は実力差よりも勢いや流れといった部分にありそうだ。天理大とは毎回手に汗握る好ゲームを繰り広げており、今季はこの大会以外でも最大4度直接対決する可能性がある。関西で見られる全国屈指の対決の行方に、注目したい。

試合前に行う円陣
試合前に行う円陣

【女子】
昨年の西日本インカレで優勝し、2連覇を狙う。24日の初戦の相手は、同じ関西学生リーグに所属する関西学院大である。今季はこれまでに2度対戦し、いずれも勝利を収めている。実力では立命館が上回るため、点差をつけ、かつ無失点で勝ち進みたい。翌日の決勝戦では、男子と同じく天理大との対戦が予想される。男女ともに天理大とはライバル同士であり、何度もリーグ戦の決勝や全国大会などで顔を合わせてきた。今季は3度目の対戦となった王座決定戦の3位決定戦で、主力を欠く中2-1で勝ち全国3位を掴んだが、2週間前に行われた日本リーグでは0-3と完敗を喫している。男子と同じく、互いに相手を知り尽くしており、接戦が予想されるため、良い雰囲気を保ち、最後まで粘り強い試合をしたい。なお、準決勝の結果次第では王座決定戦で準優勝した東海学院大と対戦する可能性がある。こちらも強敵であるため、1点を争う試合になることが予想される。西日本インカレで2連覇を果たして、11月の全日本選手権大会(インカレ)に弾みをつけたい。

主将・木原
主将・木原

3.大会日程
9月24日(土)
▼準決勝
【男子】vs東海学院大
@親里ホッケー場 12:50〜
【女子】vs関西学院大
@立命館ホリーズスタジアム 12:00〜
9月25日
▼決勝(24日に敗れた場合は3位決定戦)
【男子】vs天理大or聖泉大
@親里ホッケー場 14:30〜
【女子】vs東海学院大or天理大
@親里ホッケー場 12:50〜

4.交通アクセス
・立命館ホリーズスタジアム
JR「茨木」駅より徒歩5分
大阪モノレール「宇野辺」駅より徒歩7分
阪急「南茨木」駅より徒歩10分
・親里ホッケー場
JR「天理」駅より路線バス「乙木口」下車約10分

【仙田幸久】