【準硬式野球部】全日二回戦、ホームラン二本で愛教大撃つ/準硬式野球部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館10-1愛知教育大〈8月21日(土)第68回全日本大学準硬式野球選手権大会2回戦@宮城広瀬球場〉

愛教大 001 000 000=1
立命館 000 010 144=10

○立命館)鐘ケ江、岩橋、本郷―中小路

オーダー
9 竹村匡
6 山本
2 中小路
3 港
5 藤原
7 成瀬
8 松原
4 山岡
1 鐘ケ江

image

20日の1回戦で関東学院大学を相手に10-3と打ち勝った立命館。連戦となった2回戦、終わってみれば10-1と快勝だったが、決して余裕のある試合ではなかった。
先発は約1年ぶりの公式戦のマウンドとなる鐘ケ江。それ以外は1回戦と全く同じオーダーで挑んだ。序盤は両チームともランナーを出しながらも、チャンスを作れず無得点のまま、淡々と試合が進められた。
試合が動いたのは3回裏、一死三塁のピンチでセンター前ヒットを打たれ、愛教大に1点を先制される。その後二死一、三塁となるが、この回は1点で抑えた。
打線が沈黙していた立命館の反撃は5回表。先頭の7番松原が死球で出塁すると、続く8番山岡がバントで相手の送球ミスを誘い、一塁走者松原が一気にホームイン。ノーヒットで同点とした。
4回以降、鐘ケ江はランナーを出すも連打を許さず、粘り強いピッチングでスコアボードに0を刻む。
終盤に入った7回表、立命館は一死から、代打中島がレフト前にクリーンヒット。すかさず代走伊藤を起用する。しかし焦りが出たか、伊藤が牽制で刺され二死となり、チームにため息が漏れる。その空気を1番竹村匡が振り払った。「自分が試合を決めたかった」とカウント1-3からストレートを仕留め、レフトスタンドへホームラン。貴重な勝ち越し点をあげた。

image

7回裏、鐘ケ江に変わって岩橋がマウンドへ。無死二塁のピンチを作るも、後続を抑え攻撃へ繋いだ。                                                                                 8回表、3番中小路が初球をレフト前ヒット。4番港が1球でバントを決めると、5番藤原、6番成瀬の連続ヒットで1点を追加。一度傾いた流れは止められない。流れは一気に立命館へ。7番松原の打球をセカンドがタイムリーエラー、続く8番山岡が前進守備の間を抜き、ライト前へタイムリー。9番代打杉野のセンターへの犠牲フライで松原が還り、この回一挙4得点、試合を決めた。                                                          9回表、攻撃の手を緩めない立命館は、先頭の2番山本が内野安打でチャンスを作ると、一死満塁から6番成瀬のセカンドゴロの間に山本がホームイン。すると続く7番松原がチームメイトも驚きの3ランホームラン。レフトスタンドへ主将の一発を放り込んだ。                                                                    9回裏、愛教大の攻撃は、本郷が3人でピシャリと抑え反撃の隙を与えず試合終了。

image

7回表の竹村匡のホームランで流れを掴んだ立命館。2戦連続2桁得点で3回戦に進出した。対戦相手の愛知教育大学も雰囲気の良いチームで、面白い試合を観せてくれた。

〈試合後インタビュー〉
鐘ケ江投手
「(約1年ぶりの公式戦での先発を迎えた気持ち)公式戦で投げられる喜びが大きい。ここまで、3回生に助けられてたので、今日は自分がやってやるという気持ちがあった。                  (今日までの1年間はどんな1年間でしたか)自分の代になったのに、投げられてない時期が続いていて、最初は去年の年内には復帰ということだったが、この春も投げられていなくて、すごい悔しかった。ただ、この全日に向けて、これまでの借りを返す思いでやってきた。                                                                                           (実際に投げてみてご自身の調子は)正直良くなかったが、耐えようという思いで、悪いなりにコントロールで押していった。                       (ベンチから声を出されてるときに意識していることは)やってやるぞという声を出すのが得意だと思っているので、選手たちを乗せてやることができるように声をかけている。        (このチームの強みは)普段ふざけるタイプの人が多いが、大事なところでは力を出すことができる、オンとオフがしっかりしているチームだと思う。                                                                        (4回生として最後となる今大会にかける思いは)人生でもこんなに真剣に野球をするのは最後だと思うので、全国優勝したい。最後なのでぶっ壊れても良いぐらいの気持ちで全力でやりたい。」

芝田監督
「(試合を振り返って)前半3回まで0点で、ああいうピッチャーにうちは伝統的に弱い。そんな中でも相手のエラーがありがたかった。5回、6回には、打つべき人が打って4点取れた。竹村のホームランに、松原のホームランは予想もしてなかった。昨日に続き、結果的には楽な展開になったが、勝ち上がるにつれて、相手が強くなっていくと思うので、相手が崩れてくれるわけではなく、自分たちから点を取っていかないといけない」

竹村匡選手                                                                      「(勝ち越しとなったホームランの打席の心境は)最初はランナーが1塁にいて、エンドランのサインだったので転がそうという意識だった。でも牽制で刺されてしまいランナーなしになったので、自分が決める意識で気持ちを切り替えた。                                                                      (それはホームランを狙っていた?)ホームランを狙っていた訳ではない。できれば長打を、という意識だったが、結果的にホームランになって良かった。                                                            (打った瞬間の感触は)打った瞬間は入んないかな?と思ったが、感触はすごく良かった。入ればいいかなという気持ちだった。                  (試合を決めた一打になりました。竹村匡選手がヒーローじゃないですか)そうですね、自分が試合を決められたというのはすごく良かったと思う。先発の鐘ヶ江がその回で交代だとわかっていたので、勝利投手にしたいと思っていた。                                                                                (次の試合に向けての意気込みは)相手も変わって、ピッチャーも変わるので、まずは1番バッターとして出塁することと、しっかりとしたチームバッティングを心がけていきたい」

松原選手
「(試合を振り返って)前半は相手の投球術にはまって点を取ることができなかったが、後半相手ピッチャーが疲れてきて球が甘くなったところをしっかり振ることができた。               (1回戦の疲れは)今後を考えたら連投させられないので最初に点を取っていろんな選手を出したかったが、なかなかうまくいかなかった。                                                                                           (鐘ヶ江投手の投球は)安定感があった。今後もレベルの高いチームとの戦いで結果を出してほしい。                                                                                (ホームランを放った9回、打席に入った時の気持ちは)ここで追加点が取れれば試合が決まると思ったのでなんとかして繋ごうという気持ちだった。                                                                      (明日への意気込み)ここまで勝ち上がってきたいいチームなので、明日もこの勢いのまま立命館の野球をしたい」

[記事、写真:朝霧龍一、インタビュー:朝霧龍一、多満城沙耶、門野稜子]