【ルーキー特集】ルーキー特集/男子バレーボール部 岩井翔吾選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

1468578585805
今年、バレーボール部に新たに加わった選手の一人、岩井翔吾選手(営1)にお話を伺った。彼は長崎県の離島である壱岐島出身で、高校の頃からバレーボールのために親元を離れて、長崎県大村市の大村工業高校で寮生活をしながら高校時代の日々を送っていた。
岩井がバレーボールを始めたきっかけは家族の影響が大きい。二人の姉がもともとバレーボールをしていたため、小学一年生の時に姉たちの所属するクラブチームでプレーするようになったという。実はそのクラブチームは女子のチームであったが、その中で彼も一緒に練習していた。
その後、小学四年生の時に男子のクラブチームを求めて、通っている学校とは別の学校のチームに所属するようになった。バレーを続けていく中で、中学生の頃に高校に通うために島を出る決意をした。その後、大村工業高校への進学が決まり、高校でもバレーに熱中する日々が始まった。
大村工業高校は、全国屈指のバレーの強豪校で、岩井が二年生の時、春の高校バレーで「全国二位」の成績を収めている。岩井の高校生活の中でも、このことが強く印象に残っているそうだ。特に、春高バレーでベスト4以上のチームがプレーできる、センターコートという特別なコートでプレーできたことが、特別な思い出となっている。
そんな岩井が新天地として選んだのが立命館大学だった。高校の部活の監督から、どこの大学へ行きたいかと尋ねられた。その際に、関西方面へ行きたいと答えたことがきっかけとなっている。その後、大会に立命館のバレー部の監督が、岩井のプレーを見に訪れた。その際に、この実力があれば立命館のスポーツ推薦で行けるだろうというお墨付きをもらった。そうして、スポーツ推薦で岩井は立命館大学への入学を果たした。
身長は180センチ、ポジションはライト。自身の持ち味について尋ねると「狙ったところに正確にボールを打つことが得意」、と答えてくれた。岩井の大学での目標は「レギュラーになって結果を残すこと」、と具体的な順位などではなく、徐々にレベルを上げていくことを目標にしている。最後に、今後の意気込みについて尋ねると「自分が左利きなので、他チームの左利きの選手よりも上手くなりたい。そして今よりも実力をつけていきたい」、と話してくれた。
全国から様々な学生が集まり、その個性が光る立命館大学。彼もまたその一人として輝いていくだろう。そんな彼の今後の活躍に期待したい。 (児玉邦宏)