【カヌー部】K-1新岡、K-2新岡・佐山ペア 優勝!(関西インカレ3日目)/カヌー部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇<8月13日(土)関西学生カヌー選手権大会(関西インカレ)@琵琶湖漕艇>

☆K-1 新岡浩陽 優勝

カヌー_310

☆K-2 新岡浩陽・佐山建人ペア 優勝

カヌー_9390

 

※優勝した種目のみ掲載。明日6位入賞までの選手を掲載致します。

<試合後インタビュー>

主将 佐山建人選手(済4)
―大会3日目ですが、初日と比べて何か変化はありましたか?
「日程が大きく変更したことで、選手それぞれのモチベーションを維持することが難しかったです。また、3日間を通して、勝つべきところでは勝てているが、まだまだ勝てたレースはあったなと感じています」
―モチベーションを維持するためにはどのような工夫をしましたか?
「状況によっては水上で1時間待たされる時もあります。しかしそれは自然が相手なので、しょうがないと割り切って、自分の中で切り替えることで集中していました」
―対戦相手の大学についてはどうですか?
「カヤックだと、関西大学が思ったより力をつけてきています。カナディアンでは、やはり鹿屋体育大学が強いです」
※カヤック…ダブルパドルを使い運行。カナディアン…シングルパドルを使い運行。
―明日が最終日です。意気込みをお願いします。
「明日はレースの数は少ないので、一つ一つのレースを大事にして、全て優勝するつもりでいきたいです」

新岡浩陽選手
―K1優勝おめでとうございます。どのような気持ちで臨みましたか?
「自分は、主将の佐山とは4年の付き合いです。総合優勝をして、佐山を表彰台の1番高いところにあげることを考えて臨みました。自分はそのために必死にカヌーをしています」
―K1優勝を果たした今の気持ちをお願いします。
「自分のやりたいことを今はできています。あとは同じことをインカレでやるだけです」
―明日への意気込みをお願いします。
「明日はK4に出場します。順調に仕上がってきているので、優勝取りに行きます」

 

優勝した選手は部員からグレータ―立命を歌って祝される
優勝した選手は部員からグレータ―立命を歌って祝される

―佐山選手と新岡選手は2人でK2優勝も達成しました。お気持ちを教えてください。
「チーム全体を勢いづけるためになんとしても優勝したしたかったです。一昨年にはインカレで優勝しているので、自分たちが負けることは許されないと思っています。今日の結果で満足せず、敵わないと思われるぐらい差をつけて優勝出来るように、もっと練習していきます」

[インタビュー:朝霧龍一、結果・写真:成澤郁美]