【男子バスケットボール部】大阪学院大に完敗で決勝進出はならず/男子バスケットボール部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇立命館 64-91 大阪学院大<6月11日(土)西日本学生バスケットボール選手権大会 準決勝vs大阪学院大@エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)>

1Q. 立命館 13[13-18]18 大院大

2Q. 立命館 26[13-26]44 大院大

3Q. 立命館 47[21-21]65 大院大

4Q. 立命館 64[17-26]91 大院大

 

5日より大阪にて行われている西日本学生バスケットボール選手権大会。立命館は11日に強豪近畿大を66-61で下し、準決勝に駒を進めた。

これに勝てばいよいよ決勝進出という準決勝で顔を合わせた大阪学院大は今年既に一度黒星をつけており、リベンジマッチの様相となった。

しかし、試合は序盤から終始大阪学院大のペースで進み、64-91で破れ惜しくも決勝進出とはならなかった。

松浦学生コーチは試合後「前回と同じような試合の流れで、目指していた粘りのゲーム展開が全く出来なかった。出だしはよかったものの、結果として相手に流れを持っていかれてしまった。完敗です。」と悔しそうに語った。

立命館はこれにより3位決定戦へ回り、12日11時40分からエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で、同じく準決勝で天理大に敗れた名古屋経済大と対戦する。

【記事:森本善仁】